不動産ノウハウとスタッフオススメ物件紹介

遂に決定か?!収納・オブ・ザ・イヤー in 埼玉 2018

師走も近づき、そろそろ今年を振り返り始めた方も
いらっしゃる今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

こんにちわ。ハウスマン広報部です。

本日は、築10年の2世帯住宅のご紹介で、川越市下赤坂にやってまいりました。

広報部で多くご紹介している新築戸建では、
まず出会うことのできない2世帯住宅という構造に
わくわくしながら現地に到着すると重厚感ある
佇まい。

少しゆとりがある庭には、太陽が降り注ぎ、
写真右にある窓の下にある物干しで洗濯物も干せます。

屋根付きサイクルポートも完備の至れり尽くせりの
エクステリアを見ながら、玄関に到着。

これまた重厚感があるアルコープを進み、中を目指します。

 

はじめに申し上げておきますが、こちらの物件・・・
2018年の収納オブ・ザ・イヤー最有力候補でございます。

収納に次ぐ収納の世界をお楽しみください。

では早速、ガラリッ!(引き戸タイプ)

もう、左右の収納が見えます。

反対側からもパシャリ。

 

さあ、ひとつひとつ見ていきましょう。

まずは写真右奥の下駄箱から。

オープン!

大容量!!

2世帯分の靴が全てしまい込めそうです。

 

次に、下駄箱正面になる扉を開けると、

土間スペース+収納棚!!

こちらも大容量!

 

更に、その横にある扉を開けると、

土間スペースアゲイン!

一緒でもいいのでは?と思うかもしれませんが
こちらは2世帯住宅。

世帯ごとに分けて収納出来ます。

 

更に玄関を上げり右側の扉を開けると、

3帖位有りそうな収納スペース。

ウォークイン収納とでも呼ぶべき空間を奥に進むと、

収納ラックがログイン。

衣替えで利用しなくなったコートなどを
どんどん入れてしまいましょう。

 

玄関から収納しか紹介していませんが、
そろそろお部屋もご案内していきましょう。

玄関を上がり、階段手前の左手の扉を開けます。

ガラリっ・・・・・・・。

恐らく右手に見えるのは収納です。

 

車椅子でも通れるユニバーサル設計の廊下を
進み、3連の引き戸を開けます。

ラックが多めのタイプの収納でした。

きっと前のご所有者様は相当な文豪であったであろう
造り方になっています。

収納の横にはサニタリースペース。

洗濯機置場の上部にはもちろん、収納がついています。

バスルームにはさすがに収納はありませんが、
介護対応用となっており、ゆったり複数人ではいることが出来ます。

廊下の先には洋室約7帖。

 

も・ち・ろ・ん、収納付き☆

三連引き戸の押し入れクラスの収納がダブルで鎮座。

ここまでのご紹介で一般的な家の収納量を凌駕している
だろうなぁ。などと思いつつ、

まさかリビングには収納がないだろうと移動。

やっと収納のない部屋に出会ったと今まで感じたことのない
安堵感さえ覚えますが、造り付けのカウンターラックはあり、
掘りごたつは「収納」できるタイプです。

こちらはキッチン。

大型のシステムキッチンでお料理しやすそうですが、
背後に感じる収納力・・・・。

やはり、造り付けの食器棚。

 

もう、ここまでくると全て開けてみたくなります。

開けてみた。

もうパーティのようにも思えてきましたが、
実際にしまうことを考えると、とても便利。

食器コレクターではない限り、家族分収まり切りそうです。

収納に次ぐ収納に少し戸惑いを感じつつ、
リビングから見える庭で癒されてから2階へ。

1階でこれだけ驚いたので、2階はお部屋のご紹介に
集中できるはず。

 

淡い期待を胸に、2階へ急ぎます。

2階やはり広い廊下。

空間にゆとりを持たせたこだわりの建築が感じられます。

と思いつつ、背面から感じる収納力。

やはりか。

階段を上がりすぐ左手には納戸スペース。

ここだけでも相当な収納力。

今度こそ、部屋の紹介へ。

階段を上がり正面の洋室は約8.7帖。

広々と利用できる2階の主寝室ですね。

勾配天井で開放感もあり、小さな収納ラックを
一部カウンターデスクのように利用できそうです。

右手には、はしごもありオシャレです・・・・、
はしご?!

上部から感じるあの力。

あっ!ロフト!

ちなみにロフトの下にも収納が!!

期待を裏切らない構造に、むしろ共感さえ
覚えつつ上へ。

どんと構えている収納スペース。

もう、参りました。

あなたが今年1番の収納力です。

圧倒されながら、リビング向かう廊下を
歩いていると。

やはり、

 

収納!!

 

収納!!!

 

トイレにも収納!!!

(どこに行っても収納力が半端ない!いったんリビングへ行き落ち着こう)

 

というわけでリビングへ。

 

LDKは12.5帖あり、勾配天井も影響し
広々とした開放的な空間になっています。

キッチンは濃いブルーのオシャレキッチン。

 

でもやはり、、、。

大容量の食器棚付き☆

 

もちのろん、

フルオーーープン!!

 

しかも、よく見るとシンク上の収納は、

引けば下がってくるタイプ。高すぎて手が届かないミセス思いの憎いやつです。

 

収納の多さに圧倒されながらも、その中に少し愛を感じてきました。
そんな収納王も残すところあと一部屋、心してみていきましょう。

リビングにつながる約5.2帖の洋室。

もちろん、収納付き☆

もう知ってました。では、本日最後の開放の儀を。。

ガラリ!!

 

ありがとう!!ここまで収納にこだわった家は
初めてお目にかかりました。

「2世帯だとどうしても物が増えちゃうの」という方は是非、こちらの家をご覧ください。

バルコニーで本日はお別れです。

えっ?!2世帯だから2階にもバスルームあるでしょ?ですって?

・・・申し訳ございません。2階にももちろんバスルームはありますが、

撮った写真がブレブレで使い物になりませんでした。

最後の最後で使い物にならない広報部を見せてしまいましたが、
ハウスマンはこの家を収納・オブ・ザ・イヤー・2018に認定したいと思います。

物件詳細はコチラ

もちろん、仲介手数料無料にてご提案出来ます。

皆さまからのお問い合わせ心よりお待ちしております。

 

 

※記事中の物件はお問合せを頂いた時点で成約してる場合や価格などが変更されていることがありますので、予めご了承ください。
※ブログでご紹介している物件は、弊社で厳選した不動産なので、人気物件の場合が多く、ご興味をお持ちの方はお早めにお問合せください。
※記事では、面白くご紹介をしておりますが、私たちはお客様にお喜び頂けますように、誠心誠意、不動産のご紹介を行っております。
※記事中の住宅ローン支払い月額は、頭金0円・変動金利0.625%・支払い期間35年で計算しております。

関連ノウハウ

ニュータイプ戸建爆誕!カプチーノが香るキッチンの前でお待ちしています。
ベーシックを極める!コレコレコウイウノ!~坂戸市元町ブルーミングガーデン~
遂に決定か?!収納・オブ・ザ・イヤー in 埼玉 2018
トップへ戻る