坂戸市の情報

坂戸市の特徴

〇坂戸よさこい・・・北関東最大の【よさこい】と知られ、毎年30~50万人を動員。(10月上旬)
〇児童館・・・市内には4つの児童館がある。坂戸市立児童センター・坂戸市立千代田児童センター・坂戸市立大家児童センター・坂戸市立三芳野児童センター。坂戸児童センターには、天文施設が併設されている。
〇食育プログラム・・・市内にある女子栄養大学の協力を得て、市内小学校5~6年生および中学校1・2年生に食育プログラムを導入し、食育活動を推進。また、坂戸市食育推進計画により、他の関係機関等と連携し、学校給食等の食育活動も展開。
〇出産祝い・・・出産祝いとして、子ども1人当たり3000円分の商品券が贈られる。

   

乳幼児医療費助成制度

〇0歳から中学校卒業までが対象。
〇乳幼児医療費助成(通院)所得制限なし
〇乳幼児医療費助成(入院)自己負担なし。入院時食事医療費の標準負担額の自己負担あり。
〇乳幼児医療費助成(入院)所得制限無し。

   

保育の状況。

〇市内効率保育所の数・・・6所
〇0歳児保育を実施している公立保育所の数・・・6所
〇公立保育所定員数・・・645人
〇公立保育所在籍児童数・・・610人
〇私立保育所数・・・7所
〇0歳児保育を実施している私立保育所・・・7所
〇私立保育所定員数・・・559人
〇私立保育所在籍児童数・・・601人
〇保育所入所待機児童数・・・7人
〇0歳児の認可保育所月額保育料・・・41000円
〇0歳児認可保育所月額保育料‐備考・・・保育標準時間認定は、3歳未満時4100円、3歳児25500円。保育短時間認定は、3歳未満児40300円、3歳児2500円、4歳未満児20600円。

  

坂戸市の施設

〇坂戸市民総合運動公園・・・市営の総合運動公園。敷地内には、大体育館、小体育館、テニスコート、トレーニング施設、軟式球場、多目的運動場などがあり、あらゆる種類のスポーツを楽しむことができる総合スポーツ施設として坂戸市スポーツの拠点となっている。また、夏季には様々な種類の設備を備えた屋外プールがオープン。流水プールや25・50メートルプール、ウォータースライダー、幼児プールと、ファミリーでも楽しめる設備も充実。

  

〇富士見緑地・・・富士見緑地は3つの市にまたがる総延長約1.4キロメートルの緑地。車道と自転車道がしっかりと生垣で区分されているため、サイクリングも安心して楽しめる。左右にある歩道では、散歩をしたり、ジョギングをしている人も多い。ベビーカーでのお散歩、ウォーキング、お子様と自然散策、虫取り、サイクリングと様々な形で自然を感じる事ができる。

 

住宅助成金制度

〇増築・改築・改修・・・補助・助成金制度あり。【住宅耐震改修等補助金】耐震診断に要した費用、上限13万円。耐震改修に要した費用の23%に30万円をくわえた額(上限60万円)。その他条件あり。【多世代同居住宅改修等工事補助金】親世代が居住する市内の物件を改修して子世代が同居を始める場合、改修等工事費用の1/2(上限40万円)。その他補助あり。【空き家改修工事等補助金】市内の空き家に居住する場合、改修工事費用の1/2(上限40万円)、家財処分費用1/2(上限10万円)。

 

安心・安全

〇刑法犯認知件数・・・1000件
〇刑法犯認知件数:1000人当たり・・・9.83件
〇ハザードマップ・防災マップ・・・あり

ゴミ

〇家庭ごみ収集(可燃ごみ)・・・無料。指定ごみ袋は有料だが、袋代にごみ収集・処理金などを含まず。
〇家庭ごみの分別方式・・・10分別14種(資源プラスチック、資源ペットボトル、資源カン、資源ビン、資源紙(新聞、雑誌・雑がみ、ダンボール、紙パック)資源布(古着、古布)、燃やせるごみ、燃やさないごみ、廃乾電池・ライター、蛍光管類)、拠点回収:使用済小型家電

      

 

お問い合わせはこちらから

ホームページに掲載している物件につきましては、こちらからお問い合わせください。

また、ハウスマンではホームページに掲載している物件以外にもご提案できる物件が数多くございます。まずはお気軽にご希望をお聞かせください。どんなご相談にも丁寧に対応させていただきます。

    お名前 必須

    お電話番号 必須

    メールアドレス 必須

    郵便番号 必須

    ご住所 必須

    お問い合わせ種別 必須
    物件について詳しく知りたい資料がほしい見学したい購入に関して相談したい

    メッセージ内容 必須

    見学をご希望されるお客様は、ご都合の良い日時をご指定ください

    ●見学希望日時

    日付
    時間