【超初心者向け】住宅ローン控除。基礎知識。~分かりやすく解説~

簡単に言えば、払う税額が減る!という事

住宅ローン控除・・・
耳にした事がある方も多いのではないでしょうか。

「今購入すれば、住宅ローン控除1%が受けれますよ!」

いや、そもそも何?

【住宅】【ローン】【控除】・・・
普段使わないような言葉に、ローンという聞きたくない言葉の3連コンボ。
調べてみても、小難しい話ばかりで頭に入ってこない。

簡単に言います。

払う税金が減るシステムです。

今回は、ハウスマンが住宅ローン控除(正式名称:住宅借入金等特別控除)を分かりやすくご紹介致します。
難しいからと言ってスルーしてはもったいない。まさに『知っ得』なシステムなんです。

そもそも何なのか

住宅ローン控除とは何なのか。

簡単に言えば、政府が

『お家を買って欲しい。なら、お家購入者には、何かしらの特典をつけようじゃないか!
そうだ!控除だ。税金を控除しよう。』

と言ってできたもの。(こんな簡単にトントンで決まったモノではありませんが、こんなイメージで大丈夫です。)

物件を購入、または、中古物件を購入した場合に

●年末のローン残高の1%が所得税から控除されます。

これが基本。
※所得税から控除しきれなかった分は、住民税から控除されます。

いくら得なの?

仮にこんな人を例として作ってみました。

※ハウスマンを利用されるお客様は年収400万円~600万円の方が多いため、Aさんの年収は約400万円に設定しております。
Aさんは、3500万円のお家を購入して、住み始めました。
Aさんの所得税は約37万円です。

すると、Aさんの所得税は住宅ローン控除によって35万円が控除され・・・ 約37万円から約2万円になりました。
※ちなみに、1年目の場合、確定申告後、1~2カ月後に指定の口座に還付金が振り込まれます。

2年目のローン残高は3400万円→住宅ローン控除額 34万円
3年目のローン残高は3300万円→住宅ローン控除額 33万円
4年目のローン残高は3200万円→住宅ローン控除額 32万円
5年目のローン・・・・・

と、こんな風に、毎年毎年、所得税が控除される・・・。

数年で100万円を優に超える税金の控除を受ける事ができます。まさに『知っ得』。

ちなみに、住宅ローン控除の1年の控除MAX額は、40万円となっています。
(認定住宅の場合、最大控除額は50万円となります。)

でも、何かあるんでしょ?

上手い話には裏がある・・・。
一見美味しいお話にも見えますが、この住宅ローン控除にもあるんです・・・・

条件が!

とは言っても、身構える必要は全くありません。
新築を購入される方は大体の方が自然とクリアーする事になる条件かと思います。 ●所得から、半年以内に居住し、12月31日まで居住する事。
●注文住宅の場合、2021年9月30日までの契約である事。
●贈与や、生計を1にする親族や特別関係者間の取引ではない事。(簡単に言えば、通常のルートの物件購入者が対象という事。)
●床面積が50㎡以上である事。
※この50㎡とは、登記簿上の床面積になります。注意点としましたは、マンション購入の場合、パンフレットに55㎡と書いてあっても、登記簿上では50㎡を切る事も・・・。床面積の出し方が、壁芯か内法かの違いがあるためですが、この部分は要確認。
10年以上のローンを組む事。
※ただし、勤務先からの借り入れで0.2%以下の利子や、親族や知人からの仮り入れはNGです。
●それまでに住んでいた家屋などについて、居住用財産を譲渡した場合、長期譲渡所得の課税の特例等を受けている場合は、特別控除を受ける事はできません。
●この控除を受ける年分の合計所得金額が、3000万円以下である事。

長々と条件を書きましたが、基本的には、ほとんどの方が、この住宅ローン控除を受ける事ができます。
★この条件の中で、疑問点があった方は、お気軽にお問い合わせください。

なら受けた方がいいじゃない!~どうすれば良いのか~

ほとんどの方がこの住宅ローン控除を受ける事ができる。
金額も大きなこのシステム、受けなきゃ損。

ならば、どのようにすれば受ける事ができるのか。

流れを説明致します。

1年目は確定申告で申請する必要あり。
確定申告に置いて、必要な書類は以下! ※確定申告が無事に受理されれば、1~2カ月後に還付金が振り込まれます。

●2年目以降は年末調整で申請を行う事が可能です。

いかがでしたでしょうか。
住宅ローン控除・住宅ローン減税・住宅借入金等特別控除
言葉で聞けば難しい話も、簡単に言えば

新築物件購入の場合、今年中に契約してお住まいになれば、払う税金が減るよ

という事が理解できたかと思います。

初年度の確定申告に必要な書類の詳細や、住まい給付金など、不動産購入に置いて、知っておくべき&知っ得な情報はまだまだあります。
ハウスマンでは、皆さまの新しいお家探しが曇りのない、素晴らしく、ご満足頂けるものとなるよう、全力でご協力させて頂きます。住宅ローン控除の他にも、ご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

LINEからのお問合せにも対応しております。コチラも是非、ご利用ください。

【ハウスマンLINE@へのお問合せはコチラから】

今回の【超初心者向け!住宅ローン控除基礎知識】ハウスマンYoutubeチャンネルでも、公開予定です。
是非、チャンネル登録をお願い致します。

【ハウスマンYoutubeチャンネルはコチラから】

 

お問い合わせはこちらから

ホームページに掲載している物件につきましては、こちらからお問い合わせください。

また、ハウスマンではホームページに掲載している物件以外にもご提案できる物件が数多くございます。まずはお気軽にご希望をお聞かせください。どんなご相談にも丁寧に対応させていただきます。

    お名前 必須

    お電話番号 必須

    メールアドレス 必須

    郵便番号 必須

    ご住所 必須

    お問い合わせ種別 必須
    物件について詳しく知りたい資料がほしい見学したい購入に関して相談したい

    メッセージ内容 必須

    見学をご希望されるお客様は、ご都合の良い日時をご指定ください

    ●見学希望日時

    日付
    時間